スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

紅型半衿の染めの様子です ^^

こんにちは。
ゆうの着物展までもうあと、少しですね。
帯や半衿の染め、がんばっております。

今日は、その半衿の染めの様子を写真にて紹介させていただきます ^^


紅型には、染めの工程が2段階あります。
まずは、配色(はいしょく)。
糊でマスキングされていない白いところに
1色ずつ色を刷り込んでゆきます。
P1060307.jpg

色と色をぴったりくっつけたり
ちょっとずつぼかしていってふんわり染め分けたりします。

P1060309.jpg

蔦の色も、しっかり刷り込んでゆきます。

このあと、もう一度最初に塗った色から2度塗りします。
これを「2度ずり」といいます。
発色が格段によくなるのです。


そして、2度ずりの後、柄の中央や端っこに
隈(くま)を重ねていきます。
これを、「隈取り」といいます。

配色に対する隈の組み合わせは決まっていて
このルールを守ることによって
紅型らしい色合いが生まれます。

P1060312.jpg

隈を入れると、陰影ができて
色のグラデーションがうまれます。


隈をすべて入れ終えたら、染め完了です。 ^^
そのまま一日以上置いて
熱で色を定着させ、お湯に入れて糊と余分な色を落とします。


■追記■
染め完成しました ^^
P1060395.jpg


そしてこれを、ストライプの生地と衣紋のとこで縫い合わせて
片身代わり半衿の完成です。
P1060394 - コピー
ブーゲンビリア唐草×桔梗色ストライプ

合わせるストライプを代えると、また違った雰囲気に。
P1060393 - コピー
ブーゲンビリア唐草×こげ茶ストライプ


紅若菜の半衿は、どれも綿麻などのご自宅お洗濯OKな素材を使用しています。
汚れたところには、プレケアなどの衿袖汚れ用の洗剤をやさしくぬって
染めた面を内側にたたんで、洗濯ネットに入れて、洗濯機へポン!
簡単お手入れです。

染めた色がほかのお洗濯物に
色移りすることはありませんので、ご安心ください ^^ 


その他、新作半衿各種持参いたします ^^
ぜひぜひお顔映りなどおためしください~!

P1060392 - コピー

そしてそしてリバーシブルで使える名古屋帯や半幅帯
トートバッグなど、新作できましたー!
こちらでご紹介中です ^^

たとえば、こんな帯があります♪ 市松猫です。
1060406 - コピー



「紅型ができるまで」のパネル展示もあります。
よかったら会場で、ご覧くださいませ♪
また、こちらのブログにも、工程を簡単に載せています。



(紅型染め 紅若菜)
スポンサーサイト
2012-11-25 20:01 : 各店からのお知らせ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

ゆうの着物展

Author:ゆうの着物展
田園都市線 高津駅 徒歩40秒の古町家(古民家)ギャラリーゆう。
昭和の古民家を利用したほっとする空間「ギャラリーゆう」で不定期に開催される着物展のブログです。
出店者や商品の紹介、ワークショップや懇親会のお知らせをいたします。

次回の開催は、2015年1月9日(金)〜12日(月・祝)の4日間です。
大阪より紅若菜がやってきます!
紅若菜・梅屋の個性あふれるラインナップをお楽しみ下さい。

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。